素敵な一日にしてくれる結婚式場|見極めが重要になる

新郎新婦

挙式で和装を選ぶなら

新郎新婦

和婚と和装

神社挙式はキリスト教式に次いで多い挙式のスタイルになっており、その起源は大正天皇の結婚式からで、それ以前は式は家で行うのが当たり前でした。日本の結婚は家と家の結びつきを第一としているので、親族間で盃を交わすのが一般的でした。神社挙式でもこれを取り入れていますから、個から家の繋がりに回帰しているとも考えられます。挙式を行う神社は規模が様々で、超が付くほど有名な神社から近所の氏神様までありますから、結婚式が出来る神社かどうかを確認すると良いでしょう。披露宴会場を併設しているような規模ならば間違いないですが、小さな神社では挙式は行っていないという可能性もあります。女性にとっては挙式の衣装は大切なものですが、神社挙式だから必ず和装にしなければならない訳ではありません。ウェディングドレスや平服で行える神社もありますが、和装のみ挙式を執り行うという神社もありますから事前に確認すると良いでしょう。女性の和装には白無垢、色打掛、振袖、引き振袖があり、中には十二単を選ぶ女性もいますが、和服はウェディングドレスと違って重たいので、体力や移動する距離や時間などを考えて選ぶ事も大切です。神社挙式にあたってはどの衣装も捨てがたいですが、白無垢は純白で楚々としたイメージがあって花嫁らしさが強調されますし、色打掛は彩りが美しく華やかな印象で人気です。重さでいえば振袖や引き振袖が一番軽いので、支度から長時間かかる和服の中では体力的に楽でしょう。